マインドフルネス・ワークショップ

マインドフルネス&セルフ・コンパッション・ワークショップでは、マインドフルネス・ストレス低減法プログラム(MBSR)で紹介する、マインドフルネスのコンセプトを、身体で学び体験していただきます。そして自分に優しく対応できるようになる、セルフ・コンパッションについても学んでいただきます。

マインドフルネス・ストレス低減法 (MBSR)は、1979年にマサチューセッツ医学大学のジョン・カバット・ジン博士が生み出した、ストレスや身体の痛みとのコーピング・プログラムとして、世界中に広まっているプログラムです。マインドフル・セルフ・コンパッション・プログラム(MSC)は、2012年にクリスティン・ネフ博士とクリストファー・ガーマー博士によって紹介されたプログラムで、困難な状況に陥った時に、辛い大変な自分自身に対して、大切な友人への対応と同じような優しい対応ができるようになる、そのようなスキルを身につけられるようになるプログラムです。

ワークショップ内容(2時間)

マインドフル・ムーブメント&ボディスキャン
マインドフルネスとは?
マインドフル・イーティング
呼吸に意識を向ける瞑想
セルフ・コンパッションとは?
ギビング・レシービング・コンパッション

参加対象者:
マインドフルネスに興味のある方。マインドフルネス瞑想を学んでみたい方。
(瞑想の経験の有無は全く問いません。) 

以下にあげる要因を持ち、どうにかしたい、何か解決策がないだろうか、と悩んでいらっしゃる方:
身体の痛み ストレス 不安感 精神病 落ち込み 人間関係からのストレス
薬物中毒 不眠症 ハイパーテンション 頭痛

以下のご職業の方で、ご自身のプラクティスを深めたい方:
ヨガ講師 マッサージセラピスト アスリート 心理カウンセラー又はセラピスト その他

日時:5月19日(土)午後1時~午後3時

場所:カリフォルニア大学サンディエゴ マインドフルネス センター
(住所:5060 Shoreham Place, Suite 330, San Diego, CA 92122)

費用:$30.00

お申し込み:お電話かEメールでご連絡ください。

Noriko Morita photo

 

ハース(守田)のり子
858-334-4636
nmorita@ucsd.edu